12/23/2015

ドイツ、カールスルーエの人形遣い、シュテファン ブリン 1

ドイツ、カールスルーエから
ドイツ、カールスルーエ ドーラハに暮らす操り人形師。

操り人形師 ステファン·ブリンのバラエティーショー を紹介してみたいと思います。
そしてすでに、ドイツの人形使いの中の伝説の一人となってます。

ブリンと人形たちのバラエティープログラムで司会者を含む歌劇団のキャバレーショーは、観客に魔法をかけたかのように、それが人形であることを忘れて、拍手喝さいを贈って夢中になって楽しんじゃうんです。

司会者の名前はフランソワ · ジェラッティ。男もうらやむ優雅さで女性に色目を使い、多くの陽気な語りで次のプログラムにみんなを惹き込んでしまいます。

ブリンの人形たちは、彼自身だと言います。
彼は彼のイメージを人形として作り上げ、彼自身を表現してるんです。
人形たちは表情を変えるし、その動きは彼自身のシステムで彼の心の中をひそかに覗かせてるんですね。

彼のまったく驚きの技術は、最小のジェスチャーで、フランソワ ジェラッ ティの見栄っ張りやピエロの不幸な愛を感じることができるように表現するんです。
ドイツで最高の人形使いの一人と言われてるんです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...