2/28/2016

今日はかなりエキサイティングな1日

直ぐには信じられない事があった。私にとってという事なんだけどね。
今朝、手作りで管楽器を作る人達に会いに行った。近所の人が私の事を彼らに紹介してくれて、その人達から電話をいただいて、今朝初めて会った。

手作りなのは楽器だけじゃあなくて、空っぽだった家の中も、作成用の道具も機械も自分で作っていて、明らかに違う世界に入って行った。
この国でかなり大きなテレビ局が映画を作りたいと言ってきたのを断ったら、普通なら光栄だと言って喜ぶのにと言われたくらいの堅物らしい。

普通は写真を誰にでもは撮らす事はないと言っている.で、私の事はウエブサイトで見ただけの私の写真で、私の全てを感じたらしい。本物のミュージシャンだ。で、私が持って行った写真本を見てもらったら、いきなり私の世界を全て理解してくれて、今日初めて会ったのに、一緒に暮らす事も考えてくれと言ってくれた。家賃は無しで。。。。。
英語で私に伝えようとする何かは、一つ一つが深かった。
彼らは私がどんな人かを写真だけで理解してしまった。

私の撮影で大事な事を彼らに説明させてもらった後で、彼らは私にI love youと言った。
そして、まだ撮影もしていないのに、ここで写真展をやるべきだ、最高の音響環境を整えて作ったたこの部屋で、私の撮る彼らの写真とミュージシャン達とのセッションが、いきなり決まった。

私は、私の作り上げた写真達を、自分で本当に理解していただろうか?彼らのほうが明らかに、それらの写真から音楽を聴き、そこにいる人間を知り。あった事もない彼らを、その写真を見て、僕はこの人を知っていると言う。私の写真はそんな写真らしい。

そんな人達の中で私はただ、無になってそこに潜むだけだ。それが私の写真だと彼らは理解している。
そんな彼らの前で、私の心の中は言っていた。「こわ」
だけど、これは私が確実にやりたかった事だと感じた。
彼らもそれを知っていた。
私はこの国に、彼らに会いにきたのかもしれないと思ったくらいだ。

私以外のカメラマンを誰も受け入れたくないとはっきり言うわけだ。彼らは、彼らの感覚に自信満々だった。その対象が私だと言うだけで。。。

このあと、電話があって、午後、撮影がいきなり入った。
とにかく今日はエキサイティングな日だった!

 

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...