10/19/2016

来年に向けての、新しい企画

実はまだ、風邪が完治して無くて、日曜日にあった女性コーラスのコンサートでは歌わなかったし、土曜日のリハーサルも行けなくてうちで寝ていた。だけどコンサートの撮影を頼まれていたので、夕方には起き上がって撮影に出かけた。
お城の中は良い雰囲気で、いつ行っても素敵だ。

ところで、先日のラットハウスでのステファン ブリンとの展示会にクロティンゲンのグントラム プロハスカさんが来てくれた。彼には写真集ように撮影させてもらっているのだけれど、人形使いの撮影も展示会も終わったので、次の来年に向けての企画の方に頭が向いている。

実は、来年の10月に、高知から写真家の中島健藏さんにドイツで展示会を一緒に開いていただく事になっている。で、欲張りな私は健藏さんの、高知の山や自然の温もりを写真に映し出している作品と、ドイツの木を材料に作品を展開するアーチストと絡めて1つの空間作りを試みたいと思いました。
で、グンチ(グントラム プロハスカ)とエドガーにも参加をお願いして、そんな雰囲気の展示会を企画してみようと思い立った。

それに、私の写真も少し加わりたいので、グンチに高知に来てもらって、グンチのあっと思わせるパフォーマンス アートを夏休みの山のざわめきに加えてみたいと思っています。

という事で、来週グンチと打ち合わせ。
今年と来年の6月までは、ドイツ語学校があるので写真の編集と予定の入ってる撮影以外は仕事をしないので、企画の準備にかかれそうだ。
今年、は第一回の取り組みとしてやってみたけど、私に時間が無さ過ぎてもう1つ頑張りが足りなかった。だけど、良い経験になって、新しい情報も得られたので、今回は、もうちょっと良い感じに進められると思っている。

今年、幾つか失敗があった事も、来年に向けての資料になった。高知で動いてくれるスタッフも要領を得てきて、次に向けて期待できそうだし、新しい仲間も増えた。

ところで、今日の帰り道
ドイツ語学校から毎日帰る道。お城の裏庭を通って帰る。






1 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...