7/30/2017

展示会の打ち合わせの後、チェンバロ作ってる人に会った

昨日は、朝5時過ぎから夜中まで仕事と打ち合わせで忙しかったけど、良いこともたくさんあった。
となり町に行って、昨日の3回目のミーチィングで打ち合わせしている時、チェンバロ作ってる人がいると言うので、その後のミーチィングの後会いに行った。
女の人で、3代目チェンバロ作りを継いでいるらしい。私はワークシュタットに行きたいと行ったら、良いよと言ってくれて、連絡先を書いてくれた。

ここなんだけど、私はおそらく、撮影させてもらう事になるとおもう。ピアノよりもチェンバロが好きな私には、かなり嬉しい出会いだ!
一昨日まで寒かったけれど、今日から夏らしくなって来た。

今日は久しぶりに散歩に行って来た。自転車も全く乗らないし散歩する時間も勿体無いくらい、時間がある時には寝てる。

少し太ったかもしれない。薪ストーブの薪を注文した。オーク (楢の木  )を買ったから火が長持ちしてあったかいはず。石炭はもう使いたく無い。木の方が匂いも健康にも良い。

今年は、昨年までより生活に楽しみが増えている。ドイツ語も少しはマシになったし、バイクで移動するから時間も余裕がある。撮影に行くのにかなり便利だ。

ところで、山崎はるなさんが、今度10月に来て展示会をやるためのポスターを製作中。

タイトルは「雪の降る前」で、その場所は、森の中。
音はないけど、光やファンタジーが飛び交って、騒々しい森の風景を作る。
昨日の打ち合わせでは、プロハスカさんが、音楽の演奏を毎日入れる事に協力してくれる事になった。オープニングでは、シャクハチ演奏が入る。日本人が2人日本から来るので、その印象を強調してくれる。


ただ、ひとつ重要な問題があって、予算が無い。補助金が下りない事になって、全部自前でやらなくちゃいけない。私は、もう余裕が無いので、作品の展示は出来ない代わりに準備に力を注ぐ。
お金はみんなで分担するしかない。それでも、みんなの作品が売れれば何とかなるかな。



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...