12/27/2015

土曜日の午後のクリスマス

なんだか、クリスマスが毎日あって、今日はお友達の家で、6人で集まった。それぞれ料理を持ち寄って。私は、クリ入りのポテトサラダを作って行った。スープの向こう側に見えるのが私の持って行ったサラダ。






 しかし、私の一週間分ぐらい食べたんじゃないかと思えるくらい食べた。まあ、食べ終わったのが、夕方の5時半だったから、1時から行って。食事が2時頃からで、それまでザクトを飲んでいた。ドイツのシャンパンみたいな物。
 明日はもう、何もいらないな。かなり楽しかった。



クリスマスにお茶に呼ばれた


25日の午後、

友だちのの家にお茶に呼ばれた。クリスマス用のお菓子があって、昨年も他の友達にもらった。木の実が入った焼き菓子。お茶が冷めないように、ろうそくで保温していた。松の枝のクリスマス飾りだった。二人で夕方まで話してて楽しかった。

12/23/2015

ドイツ、カールスルーエの人形遣い、シュテファン ブリン 1

ドイツ、カールスルーエから
ドイツ、カールスルーエ ドーラハに暮らす操り人形師。

操り人形師 ステファン·ブリンのバラエティーショー を紹介してみたいと思います。
そしてすでに、ドイツの人形使いの中の伝説の一人となってます。

ブリンと人形たちのバラエティープログラムで司会者を含む歌劇団のキャバレーショーは、観客に魔法をかけたかのように、それが人形であることを忘れて、拍手喝さいを贈って夢中になって楽しんじゃうんです。

司会者の名前はフランソワ · ジェラッティ。男もうらやむ優雅さで女性に色目を使い、多くの陽気な語りで次のプログラムにみんなを惹き込んでしまいます。

ブリンの人形たちは、彼自身だと言います。
彼は彼のイメージを人形として作り上げ、彼自身を表現してるんです。
人形たちは表情を変えるし、その動きは彼自身のシステムで彼の心の中をひそかに覗かせてるんですね。

彼のまったく驚きの技術は、最小のジェスチャーで、フランソワ ジェラッ ティの見栄っ張りやピエロの不幸な愛を感じることができるように表現するんです。
ドイツで最高の人形使いの一人と言われてるんです。

シュテファン ブリン、 ボディビルダー




今年、12月5日に劇場K2へ、ベルリンからやって来たヴィデオカメラマンのアレキサンダー。
彼はブリンのボディビルダーの人形を見つけて、ヴィデオを撮りたいってブリンにお願いして撮影してるところ。
なぜって、ボディビルダーの人形は、ブリン以外にはいないんだそうです。
で、アレキサンダーは、人形のヴィデオ制作のスペシャリストなんですって。
彼のお父さんも人形使いで、彼は小さい時から人形に親しんで、やっぱり人形と暮らしてるんだね。
ちなみに、このヴィデオに使われている音楽は、アレキサンダーがオリジナルの曲を用意してきたんです。

この撮影にまるまる2時間。
この撮影の2時間後には、2時間の本番が待っていて、3日間連続の公演が続いた3日目で、一日目はミュンヘンだったから、車を運転しての移動も含めて疲れてたと思う。だけど、ブリンは、このヴィデオ撮影を楽しみにしてたからね。結構楽しんだと思うよ。

ドイツ、カールスルーエの人形遣い、シュテファン ブリン 2

フランソワ ジェラッティ

ステファン ブリンのショーは司会のフランソワ ジェラッティの小気味で乗りの良いおしゃべりでの出演者の紹介で進められます。
 ドイツ語が解らない私が、ブリンに訊いても、「あれは喋ってるんだからセリフのように台本はないんだ、だから何を言ってるんだと訊かれても言えないんだよ。」とそらされてしまうんだけどね。

実は、フランソワの語りはステファンブリン自身のおしゃべりなんです。
フランソワ ジェラッティという名前は、二つのアイスクリームという意味なのだと言ってました。

テファン ブリンのバラエティーショーのプログラムの紹介をしましょう。

ドルタ ムーア かな? 聞き違いかもしれないけど

彼らはなんだかあんまり嬉しくない状況みたいでしょ?
これはブリンのステージで、彼らがどうなっていくのか見てもらわなくちゃね。

ジョセフィン · ベイカー

ジョセフィン · ベイカーは、彼女の伝説的なバナナダンスを踊り、ピアニストのレオンハルト · ヴェッツシュタインは優雅にピアノと格闘し、モーツアルトの演奏を果たします。

恋するジェラッティはジョセフィン·ベイカーにぞっこん。だけど、残念ながら彼らは別々のトランクに詰められて移動してるんです。

レオンハルト · ヴェッツシュタイン

明日はとっておきのピアニストを見せてやるよってブリンが言うので、”ピアニスト”かいいねえ。
って思ってたら。。。見てみてねって言わなくちゃです。

ビリー · ヘイリー

ロック歌手のビリー · ヘイリーは彼の有名な「Rock Bill Around The Clock」を歌います。彼がなんともお茶目でチャーミングなところが私たちを、ふふふって。

ザムゾン
ボディビルダーのザムゾン。
実は彼は、ブリン自身なんです。
ブリンは彼の筋肉を自慢してます。きゃ!

コサック·イブラヒム·スプートニク




コサックダンスを踊る、コサック·イブラヒム·スプートニク。
なかなかブラックで、あげくは彼の下半身だけが分離して踊りだすのを眺めることになるんです。
これがとっても楽しいんです。むふふ 

エルモ モッツアレラ

スペインの闘牛士、エルモ モッツアレラ。
彼の顔は表情を変えるんです。目の動きも口の動きもブリンの操作で、
おまけに牛の役目はブリン自身が戦うんです。
そして、さすがブリン、最後はみんなが納得の心温まります。

マキーゼ ウォン ウー

彼女は魅惑な動きをして、私たちをぎょっと驚かすんです。
お茶目なブリンの小気味な卵の手品を実際に見せてもらった私は、はははなるほどねって。

で、彼女の顔は、写真で見たブリンのお母さんの顔にそっくりなんです。
 その写真を見たとき、この顔はあの赤い衣装の顔だって私が言ったら、ふーんだって。

ゴールデンゲート·カルテット

ハイライトは、ゴールデンゲート·カルテットの4人。
この4人の歌手たちは、ブリンのシステムによって表情は変えるし、口を開き音楽に合わせそれぞれが歌っているように演じられるんです。それらは、ブリン一人で、エーうそでしょう?というな見事なシステムなの。ブリンのシステムの巧妙さにはいつもびっくりしっぱなし。

それも、何度見ても飽きない訳の一つでもあるのよね。



ステファン ブリンの人形たちは、私たちを感動へと導きます。
私たちにも経験のあるような身近な物語を、彼のやさしさとともにみんなの心へ染み込ませるんです。
この物語の終わりには、大人の観客たちが大きな拍手を送るのを、私はいつも感動と一緒に喜ぶんです。

あ、彼の名前を聞くのを忘れてしまってます。ごめんね。


ドイツ、カールスルーエの人形遣い、シュテファン ブリン 3


7歳からヴァイオリンを学んでいる彼は、15歳から演奏表現を変え、15年間プロのジプシージャズヴァイオリニストととしてかなり素敵に成功してたようです。当時の新聞や彼の様子を見せてもらいました。

ブリンはジプシーではないんだけど、3人のジプシーとブリンとで演奏してたんです。だけど、メンバー2人が亡くなって、その活動をすっかりやめてしまたのですって。
私は、彼にヴァイオリンの演奏を聞かせてもらったんだけど、その時の全身の鳥肌が立ったことったら。。

ブリンの人形たちの一人、リゴ ガイガリー グラッシュは、以前の彼自身なの。

その人形の演奏は、ヴァイオリン演奏を体に染みつけている彼自身の演奏技術があるからこそのパフォーマンスです。彼は、その演奏をこの人形で糸と彼の操作システムで実現してるからすごい。
名前の意味はね。
リゴ:ジプシーの名前、ガイガリー:ヴァイオリン、グラッシュ:ジプシーの食べる肉なのですって。


ブリンは俳優としての技術を学んでいます。

今から45年前、紙を使って人形を作り始め、その5年後木での創作を試みます。

その6年後に初めて、友達たちだけのためにドイツ、カールスルーエの劇場カマテアターで公演してました。
そうするうちに劇場の仲間から、人形師として公演してみたらどうかと勧められたのがきっかけで、1980年 から人形師としてステージに立ち、ドイツ、フランス、スイスなどでほとんど毎日のように公演をこなし、テレビ番組で彼の人形番組も組まれるなど成功をおさ めてます。 

この写真はブリンが好きなんだって。
なぜって、トランクが写ってるでしょ。彼はこのトランクに人形たちを詰めて旅をしながら公演を続けてきたんです。
そしてこれからもね。







ブリンの一番最初に作った木の人形は、悲しい恋のピエロ。
劇場の衣装デザイナーであった当時のブリンのガールフレンドのお母さんによってピエロの衣装はシルクで作られてるんですって。

彼が人形作りを試みた時代には操り人形を教える美術大学も学校もなくて、彼の人形たちの創作は、トラディショナルの操り人形を基に、彼にとって必要な表現を実現するためにブリン自身の研究によって研究され続けてきてるんです。

人形のパフォーマンスは子供のためのものとされてきたドイツで、ブリンが人形師の一人者として大人の観客だけのためのパフォーマンスとして成功しています。
そしてそれを、彼が俳優として人形たちのために演技しているからだとブリンは言っていますが、実は彼自身が人形だったからなのですね。 

 ドイツの小さな町カールスルーエのドーラハに住む彼は、とっつきにくいムツカシイ人と思われているようです。「彼のショーは最高だよ。だけどブリンはム ツカシイ」と彼を知っている人たちが私に言います。しかし、彼はアーチストです。お客さんたちは彼のパフォーマンスが大好きで、いつも必ず満員のステージ です。

ブリンは言います。「毎回同じショーだよな。」「だけど、毎回違う刺激だ」と私は言います。 

ドイツ、カールスルーエの人形遣い、シュテファン ブリン 4


私は、昨年から今年のカールスルーエでの、ブリンのパフォーマンスを9回見ていますが、いつも違う感動をそのステージから、そして後ろ側から見ています。
そして、自分で録画したヴィデオを繰り返し見てるんです。そんなに見てるのにまだまだ100回以上見たいから、カールスルーエでの公演があるときには必ず教えてねと言ってます。

ここドイツでは、もちろんブリンはドイツ語で話します。実は私には、何を言ってるのかわからないんだけど、カメラを覗きながら笑っている私に気が付くんです。
そして、彼らの見事な演技に、彼らが人形だということを忘れてしまってます。
ブリンの番組の組み合わせは、ブリンの糸に惹かれて私たちの心までも手綱で繋いでしまうんです。

そんな私を、今では人形チームのメンバーだと言ってくれてるわけで。
私はブリンを日本に連れて行って、彼のパフォーマンスを見てもらいたいと思っているんです。
それで、さて、どうやったら連れて行けるのか思案中。ブリンのパフォーマンスを日本で見られたらすてきなんだけどね。



カールスルーエ ドーラハのシュロスパーク前


サルバトーレ バイシィクレッタ


ステージで演じてるのは、ねじれパフォーマンスのゴム男チューインガム。まったく日本人的じゃないのに、日本人のとかって紹介してるんです。で、私は、彼って日本人じゃないよね。って訊いたら、「知ってるよ。」だって。かはは

ドイツ、カールスルーエの人形遣い、シュテファン ブリン 5






人形師としてステージに立ってから、今年30年目となるブリンは、新しい人形を作っているところです。人々が私に、ブリンの仕事を撮影させてもらうなんて無理に決まってるという中、運よく私はそんな工程を撮影させてもらえることになりました。 

彼の人形を仕上げる時間は500時間だそうです。考えてはしばらく置き、また再開の繰り返し。
実質作り始めてからステージに上がるまで、2年くらいかかるんですって。 彼の中で人形のイメージを膨らませるのにかかる時間です。


彼は頭と手を作ってから、しばらく置きっぱなしにします。
人形の全体像が、自分の中で煮詰まったら、次に体を作るんです。

今年作り終えた人形は、頭と手を作ってから1年経ってるんですって。
昨年2014年から体を作り始めてたんだけど、ちょっとしたきっかけで、私はブリンが私を嫌いなのかと勘違いしてしまって、昨年の8月に撮影をお願いしてから今年の5月まで、ステージ以外は撮影できなかったんです。勝手に怖がってただけなんだけどね。



作り終えてから、15、16年倉庫にかけっぱなしの人形たちもいるんです。
人形のキャラクターや、ショーの演技の方法のアイデアを、何度も何度も考え直してはやり直しての繰り返しです。
最終的に出来上がるまでは、ステージに上げるることはできませんもんね。

12/17/2015

クリスマスカード

日本からクリスマスカードが届いた。
こっちからも送りたかったけど、住所がなかったので送れない。


ところで昨日はコーラスの今年最後の日で、歌はなくて下のレストランでみんなで集まった。
なんだか解らなかったけど、いい雰囲気だった。いい加減にわかるようになれよなと思うけどまあいいや。



このくるみは、いつもの市場で買うんだけど、わたしの食事。 5個食べると夕飯が終わりになるくらい充分。500gで3ユーロくらい。
いつも野菜を買う市場で買ってくる。さすがにブルーベリーはもう250gで5ユーロ近くするので買わない。

12/14/2015

サルサダンス


昨日の夜は、私の写真を買ってくれた人がダンスをやっていて、車でパーティに連れてってくれた。この街ではないから列車行くことになるけど、月曜日の夜、8時45分からのビギナーのレッスンに参加しようかなと思ってる。来年2月かららしいから、まだ自分の予定がわからないけど、やりたい気分。キューバ人のインストラクターで、オリジナルのステップだそうだ。音楽も良い。
 サルサの基本から入って、プエルトリカンステップをやってと、進むそうだ。
 かなりの人数がいて、いろんな人種がいた気がする。家族みたいな関係を持ってるそうだ。カッコよかった。
 結構ストレス溜めながら仕事してるから、良いかもしれないなと思ってる。で、うちのスタジオでダンスの練習やパーティもする事になっている。個人的に集まって踊る場所をさがしてたそうだけど、普通は家具をおいて生活空間になってる。私のスタジオならセッティングしてない時は空っぽに近い。
 人が集まる場所になれば楽しいしね。














12/12/2015

こんな記事


今やってる、私達の展示会の記事。新聞のカメラマンがこの中にいて、彼の案で撮った写真




12/11/2015

新しいプロジェクト


これはいま展示している展示会用に試しに作った、新しいデザインの額。
弦は人形遣いにもらった。すでに、一枚売れた。A4サイズで一枚135ユーロ。
弦でつるして、壁から放して立体感を出した。紙の質感を感じてもらうためにね。



で、新しいプロジェクトは写真集の出版。
今この町で撮影しているアーチストとあと何人か撮影してまとめる。
この男の人はライターで、私の撮影について書いてくれる。新聞社のチーフだけど、個人的に一緒にやってくれる。

で、来年の写真展の予定は、これからの出版用の写真になる。
 何か書いてくれたけど、何を書いてあるのか読めない。

来年はまた、いま予定している展示会以外に展示会の予定が入っている。日本にも帰ることになるね 。もう一つは、たぶんケルンあたりで紙漉きアーチストとコラボで展示会をやることになった。
 来週打ち合わせだ。
再来年の予定は立てないことにした。いっぱい予定があとからあとから入ってくるようになったので、自分で立てると自分の首を絞めることになりそうだ。撮影も詰まってる。

11/19/2015

誕生日のために


今日のコーラスで、私の誕生日のためにみんなが歌ってくれた。嬉しいね。


11/13/2015

額つくり




今月の展示会の準備中。
手作りのオリジナルの額を作ってるところ


 ソファを貰ったし。来年、日本から女の子が大学に来る為にこの街にやってくる。楽しくなりそうだ。








11/06/2015

展示会の準備



今日は買い出しに行った帰りに、なんだか見慣れないものを見つけた。ポスター塔の裏側がといれになっている。

 電話ボックスだった図書箱
 私は、11月と12月
 からの展示会の展示モデルを製作中










10/25/2015

洗濯日和


 温度計を買って来た。昼間は外は16度だった。この部屋には直射日光が入るから暖かく感じる。


殺菌剤入りの洗剤を買いたくて、まず名前とメーカーを調べてから近所のdmで買える物を形態のカメラで撮っていった。一社だけが殺菌剤入りの洗剤とかボディソープとか、いろいろ売っていた。他のメーカーには殺菌剤が入ったのがないみたい。この店は何かと安いのでうれしいけど、さすがに殺菌剤入りは高めだ。

明日は日曜日で、買い物はできないから、食料の仕入れをした。明日はコーラスで市場の前の教会で歌うんだけど、コーラスの人に市場で会ったら、あしたは4時だからね、と言ってくれた。

10/24/2015

教会の前の囲いの写真


今日は、ドイツの運転免許への切り替えのために町まで自転車で出かけていた。同じくカメラマンたちの12月の写真展の打ち合わせもあった。
そこへ行く途中で、 見たことがある顔だと思ったら、先日会った出版社の社長だ。
私のプロジェクトを進めてくれるそうだ。で、来月私と組んで仕事をしてくれるライターの人と3人で打ち合わせをする。 今月はドイツの主要なブックフェアーがいくつかあって忙しいらしい。

で、その写真集は、ドイツ語と日本語にしたいと彼女は言っていた。それも面白いなと思う。じゃあ英語もか?

ライターの人は新聞社のチーフで、宣伝もいろんな方面で記事にしてもらえるそうだ。かなり忙しい人だけど、私には願ったりかなったりだ。
なんだか、ひどく忙しくて疲れ気味なこの頃ではあるけど、なんとかいい感じだ。

今選んでる写真が、結構、お、いいかもと言えるのを多く見つけることができた。
まあじっくり進めなくちゃだ。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...